若手の育成です|眠らせたままの夢を醒ます時|ネイリスト求人で汗を流そう

眠らせたままの夢を醒ます時|ネイリスト求人で汗を流そう

男女

若手の育成です

作業員

建設現場の要です

建設現場において施工管理は非常に大切です。優秀な現場監督は、適切な施工管理、工程管理をすることで、無駄な人件費をカットし、発注者やメーカーと円滑に交渉を進めることで、工期を大幅に短縮し、会社に多くの利益をもたらすでしょう。また、場合によっては、1級土木施工管理技士や2級土木施工管理技士の資格が必要となるので、会社に入ったら必ず取るように言われる場合もあるでしょう。採用前に取った方が時間があって良いと考える人もいるでしょうが、この資格は経験年数が必要なので基本的には採用されて数年間の現場を経て試験を受けるのが一般的です。会社側でも技術者の高齢化を懸念しているので、採用試験の面接などでこのような資格を取ることを話す場合もあるほどです。

仕事が別格です

これほど1級土木施工管理技士が重宝されるのは、それだけ資格を有した人材が不足しているからです。1級土木施工管理技士を持っていると、大きな現場で監理技術者として現場代理人になることが可能です。もちろん責任は重大で、工事の工程管理、施工管理を一手に引き受けて、下請けに的確に指示を出し、発注者と円滑な交渉をする必要があるなど、すべきことは非常に多いです。その分、給料も普通の作業員とは大きく差がつくでしょう。建設業界で長くやっていこうとするならば、採用前の若いうちにある程度の知識については身につけて、あとは現場経験を積んで資格取得を目指すのが望ましいです。資格をとれば、別な建設会社に転職しやすいし、仕事に困ることも少なくなるでしょう。